2008年10月13日

ゲームショウ08:コスプレにも「モンハン」「初音ミク」登場

幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれたゲーム展示会「東京ゲームショウ2008」では、一般公開が始まった11日から、ゲームキャラに成りきったコスプレーヤーが自慢の衣装を披露した。動画投稿サイトなどで大ブームを巻き起こした音楽ソフト「初音ミク」も、ゲーム化が発表されたこともあり、人気を集めた。今年のコスプレの傾向は−−。

 「初音ミク」のほか、最大5時間待ちと今回のゲームショウで一番人気だった「モンスターハンター」、Xbox360好調の立役者となった「テイルズ オブ ヴェスペリア」のコスプレなども見受けられた。また、エアリス、ユウナなど「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズやWiiで新作「3」の発売が決まった「戦国無双」、法廷アドベンチャーの「逆転裁判」シリーズなども多かった。

 着ぐるみでは、「マジンガーZ」など「スーパーロボット大戦」シリーズに登場するロボットやオンラインゲーム「ファイナルファンタジー11」のモンスター「リコポディウム」など、趣向を凝らしたものが多かった。

 「幻想水滸伝5」のジョセフィーヌのコスプレでゲームショウに初参加したという埼玉県の20代女性は、「人が多くてびっくりしました。キャラクターが多いゲームなのですが、わかってくれる人がいてうれしかった。衣装の製作には1カ月かかりましたが、来年もまた来たいですね」とうれしそうに話した。

 コスプレタレントの綾川ゆんまおさんは「他のイベントと比べて、既製品で来ている人が少ない。ゲームの場合は、自分が実際に操作するキャラクターということもあって、キャラクターへの愛情が深いようだ。ゲームのキャラクターはヘアスタイルが個性的なものが多いが、それも忠実に再現している。布地の段階から型を作って染めていたりと、思い思いのアレンジを加えているようだ」と分析していた。
(毎日新聞)
posted by 初音ミクの画像マニア at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクミュース1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21641554
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック