sponsord link

2008年12月08日

GReeeeNの強さの裏にネット動画の影響あり

カラオケJOYSOUNDによる2008年の年間ランキングによると、1位と2位をGReeeeNが独占という結果となった。

2008年5月に発売された「キセキ」が堂々の1位、2位には2007年発売の「愛唄」がランクインしており、「うたスキ」会員データによると、 GReeeeNは10代を中心に幅広い年代に支持されていることが判明。こと「キセキ」は、若年層だけでなく30代にも多く歌われてるとの結果があらわになった。

EXILE「Lovers Again」(3位)や湘南乃風「純恋歌」(9位)は、10代の若年層から支持を得ているものの、倖田來未「愛のうた」(6位)や絢香「三日月」(10 位)は、10代から40代の幅広い層に支持されるという特質も判明、J-POPの名曲として定番化してきていることを示しているのかもしれない。

ちなみに、コブクロ「蕾」(5位)と一青窈「ハナミズキ」(8位)は40代に一番の支持を獲ており、次いで、30代、20代と続く。落ち着いた年代にとっても、しっとりと歌い上げることのできるテンポ感がツボにはまったというところだろうか。

残念ながらランクインは逃したものの、羞恥心「羞恥心」や、藤岡藤巻と大橋のぞみ「崖の上のポニョ」が大人気だったのも2008年を語る上で欠かせない作品。特に、10代前後と30代に人気だったのは、親子でカラオケを一緒に楽しんだ様子が目に浮かぶ。

一方で、2008年の特徴に、TVではほとんど露出がなくインターネットの動画サイトで人気が沸騰した曲が100位以内にランクインする、という現象が相次いだことが挙げられる。Team.ねこかん[猫]「エアーマンが倒せない」(51位)やika_mo feat.初音ミク「みくみくにしてあげる♪」(80位)がまさにその代表曲だが、当初CD化がされていない状況下、JOYSOUNDが初めて入曲してみたところ、10代〜20代の世代を中心に多く歌われるという結果になったとのこと。

若い世代を中心に、テレビと同様インターネットが大変な影響力と重要な情報伝達力を持っていることが、改めて証明されることになったといえる。インターネットと複雑に絡みながら世の中は動き続けている。もやはネットなしの現代社会は考えられない。

カラオケのランキングひとつにしてもネットの影響が現れてきた2008年。2009年は、さらに特徴的なランキングデータが飛び出してくることだろう。
(BARKS)
posted by 初音ミクの画像マニア at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクミュース1

2008年11月08日

初音ミクが歌う“卒業ソング”に全国40校から出演オファー

11月26日にシングル「桜ノ雨」でデビューするabsorb(アブソーブ)に、40校にものぼる全国の中学・高校から来春の卒業式での合唱のオファーが殺到しているという。

absorbは、笹原翔太、中村博、森晴義の3名からなるヴォーカル+ギター・ユニットで、インターネットでの出会いがきっかけで結成。森を中心に現メンバーで2005年から活動開始し、インディーズで2枚のシングルを発表しており、今回の卒業をテーマとした楽曲「桜ノ雨」がメジャー・デビュー作品となる。

「桜ノ雨」は彼らのオリジナル楽曲だが、歌唱しているのはボーカロイド・ソフト(音声合成・デスクトップミュージック)の初音ミク。それをニコニコ動画上に発表したところ、視聴者数が急増し、有志が制作した膨大な数の「初音ミク+桜ノ雨」関連の動画がWEB上に乱立した。

2009年春の卒業ソングとして、注目度の上昇とヒットへの期待が高まる。

リーダーの森晴義は「ヴォーカロイドの初音ミクと出会いました。この子が実在していたら、もし学生だったら、そんな想いで作ったところ卒業の歌になりました。ライブで歌ったら、初音ミクに留まらずabsorbとして僕らのメッセージであり、またこの曲を聴いてくれる人達の全てのメッセージでもあると気づきました。この桜ノ雨がこの国でいつまでも歌い継がれていくことが僕らの夢です」とコメントしている。
(BARKSニュース)
posted by 初音ミクの画像マニア at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクミュース1

2008年11月02日

「初音ミク」があなたに話しかけてくるauケータイ

「初音ミク」や「ハロ」が、あなたに合った情報を届けます――KDDIはau端末向けサービスとして、キャラクターが待受画面に現れ、話しかけてきたり情報を教えてくれる「『感性型』エージェントインターフェース」(β版)を来年1月に始める。

 専用アプリをダウンロードすると、設定したキャラが待受画面に登場。アドレス帳に登録されたデータや送信メール、位置情報などを参考に、ユーザーに合った情報を教える。

 例えば、GPSでとらえた位置情報と連動して周辺の天気予報やレストラン情報を表示したり、送信メールから好みを推測してゲームアプリを紹介したり、アドレス帳の誕生日情報を元に占いの結果を配信する。

 通話が終わった後にキャラが「今話した人の誕生日はいつ?」などと話しかけてくることも。誕生日を伝えると、その日が近づいてきた時に「○○さんがもうすぐ誕生日だよ」と教えてくれる。

 モーションセンサーと連動し、携帯を逆さにすると、キャラも逆さになって表情が変わる――といった仕組みも備えた。
画像 キャラ一覧

 β版の開始時には、初音ミクやハロのほか、「天才バカボン」の「バカボンのパパ」、「ゲゲゲの鬼太郎」の「鬼太郎」、ゲーム「モンスターハンター」シリーズに登場する「アイルー」、セガの「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、音楽ゲーム「Melody of Emotion」の「有崎ユキ」、「たまごっち」の「くちぱっち」の8キャラを用意する。

 「携帯電話を単なるツールではなく、パートナーとして愛着を持っていただけるような使い方を目指す」という。当初の対応端末は「W64SH」「W65T」。システムやアプリの開発は、カタリスト・モバイルが行っている。
(ITmedia)
posted by 初音ミクの画像マニア at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクミュース1

2008年10月22日

盛況だった「初音ミクNight〜科学を超えた歌姫〜」

「科学には悪いイメージもあるけど、科学は本来人間の幸せのために資するべきであって、夢がある世界観といいますか、何かを開発してそれが人の役に立つ、イノベーションを生んでいくという『協創』、それこそが科学にふさわしいと思っている」

 1時間半にわたったカフェの最後、伊藤代表に感想を求めると、こう応えてくれた。主催者にとって、これほどうれしい言葉はなかった。

 サイエンス・カフェは、科学(者)と市民が分断しているといった問題意識を背景に、英国で1990年代後半、講演や講義のような一方通行のコミュニケーションではなく、コーヒーを片手にするような気軽な場で科学者・技術者と市民が対等にコミュニケーションしようと始まった。

 一般に科学技術コミュニケーターは、「科学技術の翻訳者」「科学と市民の架け橋」と表現されるが、これはコミュニケーターの役割の一部でしかない。コミュニケーターは科学者・技術者のよき理解者であり、時によき批判者であり、カフェといった場を創造することで対話や議論を促進させるために、あらゆる役割が求められる。

 伊藤代表の言葉を借りれば「協創」やイノベーションの場をつくること。科学技術と市民が分断されるのではなく、夢のある「協創」関係を創りたい、そう意図していた主催者にとって、カフェの締めくくった伊藤代表の言葉は、主催者と問題意識を共有できていたと実感させてくれた。
コンテンツとしてのサイエンス・カフェ

 イラストを始め、歌詞(テキスト)、動画など、そしてそれらが流通する仕組み……初音ミクが切り拓いた可能性は、音楽制作にとどまらない。初音ミクはメディア(入れ物)として機能し、そこに入れるコンテンツを創っているのは、従来のメディアのような一部の特権的立場を得た人間だけではなく、無数のユーザー、ファンたちである。

 今回のカフェも、告知は従来の広報ルートやチラシ配布に頼らず、主にWebで行ったが、これは初音ミクとネットとの親和性を考慮しただけではない。告知や事前の質問集めも含めて、協力してくれたブロガー、メーリングリストの参加者一人一人とともに、カフェというコンテンツを創りたいという考えであった。言い換えれば、カフェそのものを、初音ミクというメディアに入れる「協創」のコンテンツとしてとらえることだ。

 1時間半のうち30分を、参加者と伊藤代表との対話ややりとりに当てたのも、協創や参加や共感を広げるという狙いからだ(当然ながら、ほとんどのサイエンス・カフェでは、こうしたゲストと参加者の直接対話が最も重視されている)。
(ITmedia)
posted by 初音ミクの画像マニア at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクミュース1

2008年10月18日

みくみくにしてあげる♪ 初音ミクの認知度は全体で6割超え

ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。

 2007年8月31日にクリプトン・フューチャー・メディアから発売された音声合成・デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェアの「初音ミク」。音階と歌詞を入力することで、ボーカルパートやバックコーラスを作成することが可能で、発売直後より初音ミクで作成された楽曲やキャラクターを用いた動画がニコニコ動画をはじめとする動画投稿サイトに次々と投稿された。

 初音ミクを使用して数多くの楽曲が発表されており、その一部はビクターエンタテインメントからCDアルバム「Re:package」でメジャーデビューを果たすまでの人気となっている。そこで、動画共有サイトを起点に人気を集めた「初音ミク」の認知度について、20代〜30代のネットユーザー男女に調査を行い、540名の回答を集計した。

 初音ミクを知っている割合は全体で60.6%で、年代別では20代が73.8%、30代が57.3%と比較的若い世代に認知度が高いことがわかる。ニコニコ動画を頻繁に利用している回答者では「知っている」が98.5%、利用したことがない回答者では「知っている」が33.2%となり、ニコニコ動画の利用経験によって認知度に大きな差があることがわかった。
(CNET Japan)
posted by 初音ミクの画像マニア at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクミュース1

2008年10月15日

音リン・レンもゲームに登場!サプライズ満載の「咲と麻美の恋スルラジオ」

お二人の服装はそれぞれ初音ミクと鏡音リン・レンのイメージカラーである緑色と黄色をあしらったもの。藤田さんは服装だけでなくアクセサリーも緑。下田さんは「レン君の服装はダボっとした感じなのでそれも意識した」というコーディネイト。

お二人は既にゲームをプレイ済み。藤田さんはゲームが苦手で、下田さんはリズムゲームが得意……と対照的ですが、藤田さんもコツを掴むことで上達したとのことなので、リズムゲームが苦手な人も安心して購入できそうです。スクリーンではゲームに登場する初音ミクの姿が披露され、「動きがカワイイ」とお二人が大喜びするという一幕もありました。

『Project Diva(仮)』には「有名な曲」や「新曲」が収録されるとのことですが、残念ながらスタッフ判断により公開はNGに。次いでお披露目されたのはミクの新コスチューム。セガとPIAPROによる公募企画からゲームに登場することとなった4種がスクリーンに大写しになります。

学校の制服がモチーフとなった服は白がベースで、ワッペンとピンにねぎがあしらわれたもの。可愛らしい「ねぎピン」に「これを発売して欲しい」とラブコールが送られます。

二着目は黒を基調とした冬服風のコスチューム。「洋服屋で売ってたら買って帰りたい」(藤田さん)と評判も上々。

三着目の「モノクロにゃんこコスチューム」は耳当ての左右がネズミとネコをモチーフとしている凝った意匠。

四着目のアイドル風衣装はミクの髪型がいつものものとは変わっており、藤田さんからは「この髪型の方が周囲に当たらないので踊りやすそう」と声優ならではの感想も飛び出しました。

ここで下田さんから重大発表が。「ゲームの中に、リンとレンもおじゃましてます!」ミクのみが登場すると思われていた『Project Diva(仮)』にリンとレンも登場するというのです。どんな形の登場になるかは「買って頂いてのお楽しみ」(下田さん)とのことで、リンとレンのファンにとっては嬉しいサプライズとなりました。藤田さんからは「本業は声優ですので、ちゃんと仕事をしてきました」との発言もあり、ゲーム内での VOCALOIDの活躍が期待されるところです。

ゲームに収録されるOSTER projectさんの新曲「マージナル」をバックに一般公募された壁紙がスクリーンに表示されるなか、藤田さんと下田さんから最後のメッセージが贈られます。「皆さんのおかげで初音ミクはここまで成長することができました。これからも一緒に頑張っていきたいと思っていますので、応援の程よろしくお願いします」(藤田さん)「今日は皆さんが朝早くに起きて集まって下さって、本当に嬉しく思っています。ゲームの方にもリンとレンが登場するということで、ゲームが出たら沢山買って、沢山遊んで下さったら嬉しいと思います」(下田さん)
(iNSIDE)
posted by 初音ミクの画像マニア at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクミュース1

2008年10月13日

ゲームショウ08:コスプレにも「モンハン」「初音ミク」登場

幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれたゲーム展示会「東京ゲームショウ2008」では、一般公開が始まった11日から、ゲームキャラに成りきったコスプレーヤーが自慢の衣装を披露した。動画投稿サイトなどで大ブームを巻き起こした音楽ソフト「初音ミク」も、ゲーム化が発表されたこともあり、人気を集めた。今年のコスプレの傾向は−−。

 「初音ミク」のほか、最大5時間待ちと今回のゲームショウで一番人気だった「モンスターハンター」、Xbox360好調の立役者となった「テイルズ オブ ヴェスペリア」のコスプレなども見受けられた。また、エアリス、ユウナなど「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズやWiiで新作「3」の発売が決まった「戦国無双」、法廷アドベンチャーの「逆転裁判」シリーズなども多かった。

 着ぐるみでは、「マジンガーZ」など「スーパーロボット大戦」シリーズに登場するロボットやオンラインゲーム「ファイナルファンタジー11」のモンスター「リコポディウム」など、趣向を凝らしたものが多かった。

 「幻想水滸伝5」のジョセフィーヌのコスプレでゲームショウに初参加したという埼玉県の20代女性は、「人が多くてびっくりしました。キャラクターが多いゲームなのですが、わかってくれる人がいてうれしかった。衣装の製作には1カ月かかりましたが、来年もまた来たいですね」とうれしそうに話した。

 コスプレタレントの綾川ゆんまおさんは「他のイベントと比べて、既製品で来ている人が少ない。ゲームの場合は、自分が実際に操作するキャラクターということもあって、キャラクターへの愛情が深いようだ。ゲームのキャラクターはヘアスタイルが個性的なものが多いが、それも忠実に再現している。布地の段階から型を作って染めていたりと、思い思いのアレンジを加えているようだ」と分析していた。
(毎日新聞)
posted by 初音ミクの画像マニア at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミクミュース1